診療内容
Dental treatment contents

ホーム > 診療内容 > むし歯

むし歯治療について

「なんだか歯が痛いな……」を放っておけば、激痛が走り、最後には抜歯せざるを得なくなってしまう虫歯。お口の様子がおかしいときは、早めの治療がおすすめです。

「ストレプトコッカスミュータンスレンサ球菌」。この菌が虫歯の主な原因菌です。
お口の中に棲んでいて、糖質を栄養にして歯の表面をネバネバさせます。このネバネバの中に虫歯菌や細菌が棲みこみ増殖して、「プラーク」という細菌のかたまりになるのです。
プラークはやがて酸を出し、歯のエナメル質を溶かします。これが虫歯のはじまりです。

虫歯の原因のひとつの「糖質」は砂糖だけだと思いがちですが、主食であるお米やパンにも糖質が含まれています。普通に食事をしているだけでも「糖質」は自然と口に入ってきているのです。

う触第1度(C1)

う触第1度

初期虫歯。

歯の表面のエナメル質かその内側の象牙質の表面に菌が入っている状態

・自覚症状がほとんどない
・治療は痛みも少なく、早い

う触第2度(C2)

う触第2度

虫歯が象牙質まで進行

・甘いものを食べると痛い、冷たいものがしみるなどの症状が出る
・治療は神経まで取らないものの、早めの治療が必要

う触第3度(C3)

う触第3度

虫歯が神経まで達した状態

・激痛が走る
・治療は神経を取ることになる(神経を取ると、もろく欠けやすくなる)

う触第4度(C4)

う触第4度

歯の根だけになっている状態

(穴があいている)

・クラウン(被せ物)で回復できなければ抜歯
・急ぎの治療が必要

コンポジットレジン(CR)

コンポジットレジンとは、歯の色に近い白い樹脂素材の詰め物です。

素材:セラミック粒子と合成樹脂を合わせた複合素材です。
適応:小さな虫歯の治療や見た目の回復に使用されます。(適応症は担当の歯科医師の判断によります)

メリット

  • 歯の色に近い自然な仕上がりになる
  • 歯を削る量が少なく治療ができる
  • 基本的には1日で治療が終わる
  • 金属を使用しないの金属アレルギーを起こす心配がない
  • 保険適応の為、インレーやクラウンよりも低価格である

デメリット

  • 強度が金属やセラミックに比べ劣る
  • 経年劣化により徐々に変色や摩耗をしていく

インレー

インレーとは、
小さな虫歯を削った後、型取りをして製作する部分的な詰め物の事です。

一度目の来院で型取りを行い、次の来院時に作成したものを接着します。
当院では保険適応のメタルインレー(銀色)と保険適応外のセラミックインレー(白色)の2種類の素材を用意しております。

メタルインレー(保険適応) =銀色の金属の詰め物です。

素材:金属パラジウム合金(金12%銀40%パラジウム20%)を使用した非貴金属です。

メリット

  • 保険適応の為、安価である
  • 金属の為、コンポジットレジンよりも強度がある
  • 比較的広範囲にわたる歯の実質欠損の回復が可能
  • 隣接面の接触点の回復が適切に行える

デメリット

  • 見た目が銀色である為、審美性が低い
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 歯肉に着色し黒く変色することがある
  • 劣化しやすく虫歯の再発(2次カリエス)を起こしやすい
  • 型取りが必要な為、即日修復ができない

セラミックインレー(保険適応外) =陶材でできた白い詰め物です。

素材:陶材

メリット

  • 透明感に優れた上に歯の色にも近く自然な見た目を再現できる
  • 金属を使用しない為、金属アレルギーや歯肉の変色を起こさない
  • セラミックインレー自体が変色をする事がない
  • 歯との適合がよく虫歯の再発(2次カリエス)を起こしにくい
  • 破折時の修復が可能(状態によります)

デメリット

  • 保険適応外である
  • 型取りが必要な為、即日修復ができない

クラウン

クラウンとは、
比較的大きな虫歯や根の治療後に被せる人工の歯の事です。

当院では保険適応のメタルクラウンと(銀色)
保険適応外のセラミッククラウン(白色)、ジルコニアクラウン(白色)の
3種類の素材を用意しております。

メタルクラウン(保険適応) =銀色の金属の詰め物です。

素材:金属パラジウム合金を使用した非貴金属です。

メリット

  • 保険適応の為、安価である
  • 金属の為、コンポジットレジンよりも強度がある
  • 比較的広範囲にわたる虫歯も修復が可能
  • 隣接面の接触点の回復が適切に行える

デメリット

  • 見た目が銀色である為、審美性が低い
  • 金属アレルギーを引き起こす可能性がある
  • 歯肉に着色し黒く変色することがある
  • 型取りが必要な為、即日修復ができない
  • 劣化しやすく虫歯の再発(2次カリエス)を起こしやすい

セラミッククラウン(保険適応外) =陶材でできた白い詰め物です。

☆最も歯に近い透明感や色が出せる素材です。

メリット

  • 透明感に優れた上に歯の色にも近く自然な見た目を再現できる
  • 金属を使用しない為、金属アレルギーや歯肉の変色を起こさない
  • セラミッククラウン自体が変色をする事がない
  • 歯との適合がよく虫歯の再発(2次カリエス)を起こしにくい

デメリット

  • 保険適応外である
  • 陶材の為、噛む力が強くかかるところでは割れる恐れがある
  • 型取りが必要な為、即日修復ができない

ジルコニアクラウン(保険適応外) =人工ダイアモンドでできた白い被せ物です。

☆セラミックよりも強度が優れた素材です。

メリット

  • 非常に硬い為、噛み合わせの強い部位に使用できる
  • 金属を使用しない為、金属アレルギーや歯肉の変色を起こさない
  • ジルコニアクラウン自体に傷が付かず変色をする事がない
  • 美しい白色で審美的である

デメリット

  • 保険適応外である
  • セラミッククラウンに比べて色調の調整の自由度が低い
  • 非常に硬いので、噛み合わせている歯の状態によっては適さない場合がある
  • 型取りが必要な為、即日修復ができない

ブリッジ

ブリッジとは、
歯を失った部分の両脇の歯を支えにして、そこに橋(ブリッジ)の様に、一体型の被せ物を装着する治療方法です。

最近はインプラントを選ばれる方が多くなりましたが、外科的な処置のためにお体の状態によってはできない人もいますし、やはりインプラントは怖いという方もいます。

メリット

  • 固定されるので、入れ歯の様に動かない
  • 保険治療適用のブリッジの場合、価格を抑えられる
  • 歯を削るのみで治療ができるので、手術が必要ない

デメリット

  • ブリッジの支えとなる歯を削らなければならず、支えとなった歯は負担が増えるので、もともと健康であった歯の寿命を損なうおそれがある
  • 保険治療適用の場合、銀歯とプラスチックの素材で作られるので、見た目が悪い
  • ブリッジと歯茎の間に食べかすが詰まりやすく、虫歯や歯周病の原因になりやすい

当院では個々の患者様の状態と、ご希望に合わせて治療方法をご案内させていただきます。

  • 医療法人社団勇和会
    鶴屋町ハーバーデンタル
    クリニック

  • 〒221-0835
    神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-32-8 第1東海ビル1F
    横浜駅西口徒歩5分
  • TEL 045-548-8778
  • Instagram Youtube オンラインショップ さくら歯科クリニック中田
10:00~14:00
15:30~20:00

年中無休、初診・急患随時受付、各種保険取扱

診療内容

一般歯科/インプラント
審美歯科/マウスピース矯正
小児歯科